フィリピンパブ入門

1.フィリピンパブに行く

フィリピンパブには最初はできれば経験者に連れて行ってもらうのが良いです。
フィリピンパブと言っても色々あって、雰囲気が店によってぜんぜん違うからです。
種類は多様で高級店、キャバクラっぽい店、ディスコっぽい店、スナックみたいな店など

いろいろな雰囲気のフィリピンパブがあります。
また、店によっては日本に初めて来たばかりで、日本語があまり通じないタレントがいることがありますので、やはりよく知っている人に連れて行ってもらうのがよいでしょう。
フィリピンパブの料金はだうたい2時間で5000円~15000円ぐらいと幅があります。

フィリピンパブでの延長料金は比較的安いのが特徴です。
初めて入る店では、念の為に事前に料金システムを聞いておくのが良いでしょう。

2.フィリピン人と話す

フィリピンパブに入るとすぐ女の子が来ます。
必ず握手しようとしてくるので、軽く握手しましょう。
フィリピン人は英語ができるので、日本語ができない子には英語で話しましょう。

もちろんタガログ語ができるならそれに越したことはありませんが。
タレントはチェンジできますので、気に入った子が入れば遠慮せずスタッフに言いましょう。
もし初めて来た客だと解ると、タレントさんは指名してもらおうとしたり、

気にいってもらうとしてきますがもし気に入らない場合は「今度ね」とかいってごまかしましょう。
美人の女の子は人気があるので(3~5人ぐらい指名されている場合がある)、
新しいお客には紹介されない可能性は高いです。自力で美人をさがして指名しましょう。

3.フィリピン人へのマナー

フィリピン人へは日本人がされて嫌なことと同じことをすると当然嫌われます。
これは世界中のどこの女の子にも当然なことです。

独自なことは:

頭を叩かない
自分でタバコの火をつけない(女の子が店から叱られます)
ダンスやチークを求められたら、はずかしがらず挑戦する
Noといいにくい場合は、かるく微笑むようなしぐさをします

などなどです。

4.フィリピンパブの特徴

女の子が手を握ってきたら気にせず手を握っちまいましょう。
自分の稼ぎで家族を養っていたり、生活がかかっていて経済的にきびしいので
仕事に対して非常に献身的です。休みは一ヶ月に一回あるかどうかという人はざらです。
女の子からは人間味というか、純粋さのようなものが感じられます。